wiggleまたまたセール中♪

2012年06月25日

名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.5)最終章 輪行編

「名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.5)」

( (vol.4)からの続きです 先に(vol.4)から読んでくださいね )




高山駅に到着し あとは輪行で電車で帰るのみ♪


さっさっと自転車を包んでしまいましょう




輪行袋を忘れてきたため 購入してきたポリ袋で自転車を覆う


ホイールを外して フレームにすっぽり被せる・・・


・・・って 当然半分しか被らないわな^^;


ヒモとか無いし、コレどうやって止めるんだ?


・・・おおっ! そう言えばタイヤ裂けの応急処置で買ったガムテープがある♪




余りはジャマだったので コンビニの店員にあげようかと思ったが 


素直に心の声に従っておいてよかった♪^^   (vol.2参照)





リア側、ギアからペダル周りをスッポリ被せて ガムテープで止めて


フロントもフォークからハンドルまでをスッポリ被せてガムテで固定


中間のトップチューブからダウンチューブもクルリと巻きつけてガムテで貼る




なんとかそれらしくなったかな?

120615061.jpg


輪行袋というより 箱から出したばかりの新品の商品みたい(笑)


粗大ごみに 見えないこともないが・・・ オイオイ! 俺の大事なバイクだ♪





タイヤは2本を重ねて すそ止めバンドで固定する


・・・えっ? なんで「すそ止めバンド」なんか持ってるのかって?


これは家を出る時に「これも持ってい行けば 役に立つよ」という心の声に従って持参


持参といってもトップチューブに巻きつけておいただけなので ジャマにはならない^^


・・・おかげで助かった♪ ありがとう!ガーディアンスピリッツ♪^^ 感謝感謝♪




2本まとめたタイヤは ポリ袋に入らないので 袋を裂いて らしく巻きつけた



持ち手もつけて良い感じ♪

120615062.jpg



さあ 切符を買おう♪


みどりの窓口へ行って 輪行で名古屋まで買おうとしたら 窓口のオジサンに


名古屋までなら高速バスのほうが安いよと そっちを勧められた


そりゃあ安いほうがいいのでバスの切符を購入 


すぐにバスが来るので急いで乗り場へ移動した 


バスが到着、 運転手が降りてくるやいなや 「あ、自転車はダメですよ!」


・・・えっ? 這煤i ̄Д ̄;)エッ・・・(; ̄Д ̄)なんですと!?


俺はバスで帰るつもりじゃなかったのに 窓口で勧められてバスにしたんだぞ!


事情を説明して、自転車はバラして輪行袋に入れてあることも訴えたが
              (・・・いや 実際 ポリ袋だけどね(笑))  


運転手は「バスは輪行はNGなんですよ・・・電車はOKですが・・・」と・・・




ふうう〜・・・もともとバスなんて使うつもりじゃなかったし いいよいいよ


バスは諦めて 窓口へ電車の切符に変えてもらいに行く・・・



あれ? さっきのオヤジは?・・・


窓口に さっきのオヤジはどこにもおらず お兄ちゃんに変わっていた


面倒臭いが お兄ちゃんに事情を説明すると 


「えっ?バス会社が 輪行はダメといったんですか?」


ちょっと驚いた様子・・・ 


お前らの連携が悪いんだろうが! (メ▼Д▼) ゴルァ!! 


・・・と 喉元まで出掛かったが 一呼吸してやめておいた・・・




払い戻しは 改札の駅員の方での処理らしく 改札へ回される・・・


・・・って たらい回しかよっ! 這煤i ̄Д ̄メ)





改札へ行くと 駅員が 


「払い戻しは 手数料100円かかります」



・・・って なめとんのかっ! (メ▼Д▼) 



なんやそれ! 窓口行ったら「高速バスに乗れ」、


高速バスに行ったら「電車に乗れ」


あげくに 手数料100円かかりますだとぉ? 




お前ら、ノレノレ詐欺かっ! 




・・・おお♪ 我ながら上手いこと言うね(笑)♪ ( ̄∇ ̄)



アレ乗れ コレ乗れ 「ノレノレ詐欺♪」  



被害総額・・・100円! (・∀・)  




まあ 100円でゴタゴタ言ってたら ちっちゃい奴だと思われるし 


落ち着いて、ここは落ち着いて 冷静に行こう・・・




念の為に確認をするが この自転車 輪行OKだよね?


・・・ポリ袋に包まれた自転車を見て 


駅員、絶句! & 目が点 ΣΣ(゚Д゚|||)




駅員:「ポリ袋・・・本来は輪行専用の袋でなければダメなんですが・・・」


俺:「・・・ああ、 専用の輪行袋ね、持ってきたけど 途中で落とした!」
                           (ウッソぴょ〜ん♪)


駅員:「それは困りましたね・・・本来はダメなんですが・・・今回は目を

    つぶるというか・・・私の方でOKとは言えないので 車内で乗務員に

    事情を説明してください・・・」



なんとも曖昧な答えだが まとめると 


本当はダメだけど目をつぶって改札は通すから あとは車内の乗務員に


「駅員が通してくれた」と言えばいいわけだな♪( ̄∇ ̄) 



うん♪ わかった〜♪ オッケー♪ イイ感じ〜♪ (by ローラhiroちゃん)





これでなんとか輪行で帰れそうだ♪(o^ー')b


でも・・・


待ち時間が1時間もありますがな・・・( ̄ω ̄;)・・・ 




もう ベンチで寝てましたよ 



ようやく電車が来て 自由席の車両の一番後ろ、連結部を確保して


ここなら座席の後ろに自転車がスッポリ収納できます♪^^




2時間20分ほど揺られて帰って来ました


そう言えば高山駅での写真が輪行袋しか無い! 


「高山駅」と 駅名の入った写真を取り忘れてたぞ!


これでは高山に行った証がない・・・


おお♪ これがあったか♪   とりあえず 切符で許してちょ♪

120615065.jpg



名古屋駅には21時過ぎに到着 


また自転車を組んで 自走でナイトライドで帰宅♪


あ〜 今回はホントにいろいろありすぎて どうなることかと思ったけど


無事帰還しました♪  


途中 ヘルニアの怖さを再認識するライドになってしまいましたが


コイツとはうまく付き合って行かねばですね 


あんまり調子こかないように 注意します・・・(A ̄▽ ̄; アセアセ



追記

調べましたら バスの輪行は ほとんどのバス会社がNGだそうです

電車の輪行も 原則は専用の輪行バックや輪行袋でなければNGとのこと

皆様も気をつけてくださいね


応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)

posted by スーパーhiroちゃん at 00:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.4)

「名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.4)」

( (vol.3)からの続きです 先に(vol.3)から読んでくださいね )



宮峠のてっぺんで止まって小休憩


足の超復活が嬉しくて、絶好調で登ってきたせいか、首の痛みは気にならなかった


・・・きっと脳内で アドレナリンとドーパミンが出まくっているのだろう(笑)




さあ ココからは宮峠を高山まで下って折り返しだ♪ 行くぞ♪



調子こいて 結構なスピードで下り始める・・・ おおお♪ 気持ちいい♪



ゆるやかなS字はノーブレーキで気持よく抜けていく


下りは どんどん勢いがつくので 速度は増して行き、これがまた気持ちいい♪




最初のつづら折れカーブに差し掛かり 減速しようとブレーキをかけると・・・ 



うおっ!! 止まらんっ!・・・這( ̄■ ̄||)



全くといっていいほどブレーキが効かない!


というより ブレーキをかける両手指先に力が入らないのだ・・・




首の痛みは軽減していたので大丈夫と思っていたが ヘルニアから来る両手指先のシビレは


治まっておらず、ほとんど指先に力が入らない状況だった・・・


・・・そう、 会社でシャーペンさえも落としてしまう あの状態・・・





くそっ! マジかっ!!  



振り絞ってブレーキレバを引き ほんの少しだけ減速できたが


勢いがついた下りのカーブを曲がれる速度ではない・・・



ぬおおおお〜わぁ〜! 



ガードレールに突っ込みそうになりながら なんとか曲がれた、



ホッとしたのもつかの間 すぐに次のつづら折れの逆カーブ! 



ぬがぁあああああああっ!


膨れて反対車線にはみ出しながら なんとか曲がった・・・ヤバっ!

・・・( ̄▼ ̄||) ゾクッ





反対車線が登坂車線のある二車線で 車もいなかったことで助かった・・・



ここから直線だが まだ速度が抑えられていない・・・危険だ


下ハンに握り変えて まだ少し力の入る指の掌側でブレーキをかける・・・


いや 指というより手のひらか・・・これでなんとか減速して 下りきった・・・




・・・たった2キロの下りが 地獄に思えた・・・





下りきって自転車を止めて しばらく茫然としてた・・・


それからあれこれ いろんなことが脳裏に出てきて葛藤する




堅実hiroちゃん: 今のはヤバかったぞ!対向車がいたら正面突っ込んで死んでたぞ!


ワイルドhiroちゃん: でも自走で帰るんだろ、300km行くんだろ!なんとかなるぜ!


堅実hiroちゃん:  馬鹿かっ! こんな調子で帰り延々と下りなんて絶対無理だ! 

           自殺行為だぞ! 死にたいのか!



・・・この 堅実hiroちゃんの一言で 自走は諦めて輪行で帰る決心をした・・・




そうだよ 俺はまだリハビリ通院もしてるんだった・・・


ヘルニアが完治したわけでもないのに調子こいてたわ・・・ 


アカンなぁ〜・・・




こんなカラダの俺が ブログでロングライドの告知をして 

300km、400km、600kmなどとブルベの方々が走る超人的な距離を 

簡単に行けそうだと 調子こいて言ってたことを反省した・・・





気持ちを切り替えて輪行で帰ろう・・・






・・・で どうするん? 




輪行バック・・・・・・




・・・這煤i ̄Д ̄;)ハッ 







途中で ポリ袋(ゴミ袋大サイズ)でも買おう・・・(A ̄▽ ̄; アセアセ 

それで包んで通してもらおう(笑)(^∇^)b





高山駅を目指す


輪行で帰ると決めた途端に力が抜けて 一気に疲れが出てきた(笑)

もうトロトロと の〜んびり走る♪ ・・・高山の景色を見物しながら♪





お♪ 乗鞍岳の看板だ♪

120615058.jpg



ここ高山は 乗鞍岳のすぐとなりに位置する

・・・乗鞍の入り口と言ってもいいだろう



うわっ、松本、平湯

120615059.jpg


長野までスキーをしに行った時にしか見たことのない地名に驚く(笑)


・・・何気に凄いとこまで来たんだなぁ・・・^^♪




ホームセンターを発見、 ゴミ袋(大)をGET 


あとはこの 江頭タイツで電車に乗る勇気はないので


一番安い作業ズボンとバッグを買った





高山駅につく・・・


もう日暮れ前だ・・・トラブルやアクシデントが多くて すごく時間がかかってるな・・・


スタート直後のサドル調整、 パンク1回 チューブ交換、 アントニオが出てきて再度取り外し


チェーン外れ2回、ギアトラブル1回、(ここらへんは長くなるので割愛)


そしてヘルニアの痛み&シビレの出現・・・


どんだけ障害有りなん?・・・(A ̄▽ ̄; アセアセ



何はともあれ 高山駅には着いたので ホッと一安心♪



ここでメタボンちゃんからメールが来た

「パパ大丈夫? もうすぐ日が暮れるよ」・・・・・・・・・


おおお なんかすぐにでもウチに帰りたくなったよ

「うん、輪行で帰るよ♪^^」





後は輪行で電車にゆられて帰るだけ♪


そう安心しきっていた俺は 


このあと我が身にふりかかる災難など 知ることはなかった・・・・・・


次回へと つづ・・・・・・えっ? また続くのかって? 



何よ? 長すぎる?(笑)



いや、ね、 一気に書いてもいいんだけど 長すぎて疲れるでしょ? 


飽きちゃうよ〜 きっと(笑)




というわけで あらためまして、 


このあと hiroちゃんはどうなってしまうのか! 次回、最終章 輪行編へと つづ・・・


あ〜っ! ちょ・・・ものを投げないでください! ものを投げないで!


・・・だから・・・ちょ・・・みんな落ち着いて〜!


ええ〜いっ!



次回 最終章へ つづく・・・




・・・( ̄ー ̄)フッフッフ・・・

 

応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)
posted by スーパーhiroちゃん at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.3)

「名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.3)」

( (vol.2)からの続きです 先に(vol.2)から読んでくださいね )



ヘルニアの症状が出てきて 首、肩の痛みと 両手の指先のしびれに襲われ


不安で仕方なくなってきたが こんな何も無いところでいてもしょうがないので


とにかくコンビニにでも移動しよう・・・





しばらく走ってみる・・・



痛みは我慢すれば耐えられるレベルだが、両手指先のシビレは結構強い・・・


実はこれがとても厄介で シビレが強くなってくると指先に力が入らなくなり 


仕事中に シャーペンでさえも落としてしまうほどだ・・・





ロードバイクは指先でシフトチェンジをする、 ブレーキだってかけるので


指先に力が入らないというのはかなりキツイ・・・





騙し騙し走り、 コンビニがあったので停車する

120615047.jpg


タイヤのガムテープが 絆創膏を貼った悪ガキのようだ(笑)






ベンチに倒れこんで 病院でリハビリでやる「牽引」のように 



自分であごを押し上げて 頚椎の椎間板にかかる圧力を減らそうと試みる


コンビニに訪れた客は皆、コイツは何をやってんだ? と不思議そうに見ていく




・・・俺は今 リハビリしてるんだよ(笑)


・・・セルフでね♪






リハビリの時のように ピンポイントで頚椎に力がかかるように調整して伸ばす


何度もやっていると 本当に圧力が抜けたのか(・・・もしくは気のせい(笑)) 


首の痛みはかなり軽減した♪



・・・でも指先のシビレだけは治まらない・・・





少し落ち着いたので 来た道を振り返る・・・おおっ、山ばっかりだ(笑)

120615048.jpg



行く先を見てみる・・・まだまだ山ばっかりだ(笑) 高山は この奥の奥の奥だ

120615049.jpg




スマホの地図アプリで現在地を確認すると ここは下呂のすぐ手前らしい♪ 


下呂温泉にでも浸かっていくか♪・・・( ̄ー ̄)ニヤリ






下呂はちょうど100km地点・・・高山までの片道150kmの まだ往路の三分の二だ(^_^;)


ちょっと元気になったので また走りだす






下呂の温泉街を 後ろ髪を惹かれる思いで通過して(笑)


その先 今度は上呂?・・・そんなのあるんですね、俺は下呂しか知りませんでした^^;





JR高山くんが 川の上の高いところを走っている♪

120615050.jpg



 
さらに北上して・・・ お、高山まであと24km♪

120615051.jpg





ここで約130km地点 


結構疲労感もあったのに なぜか足が元気になる兆候が・・・


おおおっ♪ またこれか ^^  


過去にも経験したことのある ロングライド中の「良い異変」だ♪ 


原因は分からないが これまで「ひるがの高原」と「自走で茶臼山」で経験してて


130〜140km走ったあたりで なぜか急に足が元気になり、


これまで走ってきた疲労がウソのように消えてなくなる・・・


まだどれだけでも走れるぞ♪ と思えるほど絶好調になるアレだ♪



今回で3回目だ♪ 


(・・・原理が全く分からないが、一度調べて分析してみたい♪)





こうなると どんどん踏めるので 多少のアップダウンなんて気にならない♪



高山を目前にしたこの辺りは登坂車線もいくつかある上りばっかりなのに 



それが気にならないぐらいに踏める♪



・・・ってか 今回のライドで一番気落ちよく走れた♪




実際このあたりは スキー場だらけの山間部なのだが・・・

120615054.jpg




120615055.jpg

 ↑ おおお♪ 野麦峠まで出てきたよ♪




気にせずガシガシ走ってたら 高山行きの最後の峠「宮峠」を登りきっていた♪

120615056.jpg



あ〜 気持よかった♪ この調子なら 帰路も高山からウチまで走れるぞ♪


それに なんといっても帰路は ずーっと下り基調♪


ここまで登ってきた分 下れるんだもんね♪ もう楽勝じゃないか♪^^





さあ 宮峠をクリアしたら 高山までは10kmの下りだ


さっさっと高山駅まで行ってタッチして 帰路も自走で帰ろう♪





ヘルニアの痛みも我慢できる程度まで軽減し


足も超復活して元気になり 
 

名古屋から高山、往復300kmが近くに思えてきて 喜ぶ俺♪・・・^^♪




このあとの帰路、 自走300kmのロングライドは楽勝だと思えたのだが・・・


このときは俺はまだ、気づいていなかった・・・( ̄ー ̄)ニヤリ・・・


・・・次回へと つづく・・・


応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)




 
posted by スーパーhiroちゃん at 00:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.2)

今まさに台風が上陸中です みなさまお気をつけください

ここ名古屋は雨も風もたいしたことなく 大丈夫ですよ




さあ ブログの方アップします♪



「名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.2)」

( (vol.1)からの続きです 先に(vol.1)から読んでくださいね )





輪行袋も忘れてきて、パンクでタイヤもこんな状況になってしまい


スタートしてまだ40km地点・・・


先はまだ110kmも残っている・・・


本当ならば この応急処置タイヤで 来た道を戻り 


走れるうちに 帰宅するべきなのかもしれないが・・・


まだ飛騨の絶景を見ていないのにこんなとこで戻れるか!


このタイヤでも せめて下呂までは行けないだろうか?・・・


いや 行けるよ! 多分行ける・・・


とりあえず 行けるとこまでは行こう♪  なんとかなるさ!





ガムテープで補修した応急処置タイヤで いったいどこまで行けるのか 


少し不安を残したまま 高山を目指します(下呂かもね♪)





いいのか悪いのか 基本「ポジティブ思考」の俺は 


悪いことは考えずに 前に進もうとする・・・


裏を返せば 危機意識がみじんもない事になる(笑)


そう、なんとでもなるさ♪(笑)





ガムテープは ほんの数十センチ使ったなので ほぼ新品に近い状態で残っており


自転車で持って行くにはジャマでしょうがない 


いっそコンビニの店員にあげようかと思ったが


「何か役に立つかもよ!」 と 心の声がした・・・



素直にその声に従い 自転車にバンドで固定して走りだす・・・


・・・超ブサイクだな(笑)






先を進めて 

120615014.jpg

下呂までは約60km、高山まではまだ110kmあるのか・・・



タイヤ、なんとか持ってくれないかな・・・頼むから、耐えてくれ・・・


と 祈りながら走る


120615015.jpg





ふと見ると すぐ隣を JR高山本線が走っていて


「いつでも輪行できるよ♪」 と 俺にささやいている(笑)

120615016.jpg



こんなすぐそばに居てくれるなんて なんか頼もしいぞ♪ JR高山くん!


でも 悪魔のささやきはやめてくれ! 自走で往復したいから♪






しばらく走ると 何やら変な建物が・・・

120615017.jpg


日本最古の石博物館?・・・なんだそりゃ?・・・って その名のとおりか(笑) 説明不要(爆)



正直あんまり惹かれない(爆)・・・失礼






道の駅 「ロックガーデンひちそう」

120615018.jpg


「七宗」と書いて 「ひちそう」と読む・・・



子供の頃 数字の「七」を「なな」と呼ぶか「しち」なのか「ひち」なのかで


友達と揉めたことがあったのを思い出した・・・どうでもいいのに(笑)





先を進めて

120615019.jpg


やっぱり JR高山くんは すぐ隣を走っている♪



・・・だから、そんなに誘惑するなよ^^;  (・・・輪行)






橋を超えると白川口

120615020.jpg



なかなか凄いロケーションだ♪

120615022.jpg




写真だと岩の大きさが分かりにくいので 左上の自動車と対比するとよく分かる♪

120615021.jpg





更に北上して・・・おおお♪ イイネ こういう山の景色が大好き♪ 超〜気持ちいい♪

120615023.jpg


120615024.jpg





おおお♪ 絶景〜♪ イヤッホ〜♪

120615025.jpg




ダム・・・・・・本日何個目だったけ?

120615026.jpg

120615027.jpg




わおっ! 高山くん、そんなにすぐそばを走らなくても^^; ・・・


ここまでで一番近い! ものすごい誘惑だわ(笑)

120615029.jpg




120615030.jpg

120615031.jpg

120615032.jpg




やっぱ一人だと黙々と走り続けてしまうが、そろそろ補給しないとね^^


いつかの「茶臼山無補給ライド」になっちゃうよ・・・  


さあ 昼食♪

120615033.jpg





ここでもう一度 応急処置のタイヤの状態を確認すると

120615034.jpg

120615035.jpg


うがっ! ガムテープ裏表貼りでもアントニオが出てきてるよ!


「大豆の大きさ」の膨らみが また出てきてる〜(汗)





しょうがないのでまた空気を抜く・・・


とことん抜いたため 空気圧4barぐらいではなかろうか・・・^^;




これでまた タイヤのころがり抵抗が更に悪くなり もう重いこと、重いこと・・・


トレーニングには持って来いだが ロング中にこれは無いやろぉ・・・




おまけに高山までは ずっと上り基調・・・(^_^;) 


どんだけトレーニングさせるの?




空気圧を減らしたため 今度は 段差を踏んでしまったら「リム打ちパンク」が心配だ


慎重に でかい段差は 前輪だけクイッと浮かせてジャンプする


着地の衝撃にも気をつけて・・・って こんな神経使うライド 


いつまで続けるの!?  めっちゃ疲れるわっ!^^;





おおおっ♪ 合掌造り〜♪

120615036.jpg



またまたダム!・・・木が生い茂ってて写りませぬ!

120615037.jpg



俺と一緒になって 応急処置タイヤでがんばってる「わらしべフェルト号」♪

120615038.jpg



チラッとガムテープも見えてますね(笑)  ど〜こだ?




走れど走れど ここどこよ? ってな感じの山の中、


いくら山の景色が好きな俺でも いいかげん飽きてきたわ(笑)





激しい登りは無いにせよ 緩いとはいえ ず〜っと上り基調


オイちゃん そろそろ疲れてきたよ^^;




120615040.jpg

120615041.jpg


・・・おっ? 焼石駅? 


確かルートラボで見てたとき 


ココの近くに絶景ポイント「飛騨屏風岩」があったはずだ♪



どれだ?・・・


120615042.jpg


おおおっ これか!

120615043.jpg


長さ約300メートル、高さ200メートルの垂直に近い岸壁が、

41号線に覆いかぶさるようにそそり立っている・・・・・・らしい(笑)

120615044.jpg


間近で見ると凄いな♪





おおっ! これまた眺めの良い渓流♪ 

120615045.jpg



かなり疲れも出てきたので 休憩がてらチャリを止めて 

しばらくぼーっと眺めてた・・・


「飽きてきたわ」と言いながらも 場所ごとに違う凄い景観に目を奪われる・・・


やっぱり俺、 山好きだわ♪ 

120615046.jpg



この壮観な景色に心を癒されて さあ まだまだ行くぞ♪


・・・が、この時  右手の指先にシビレを感じる・・・


・・・ヤバイ、ヘルニアの症状が出てきた・・・




ここまで走ってる時はほとんど気づかなかったが 


ロングライドの肩コリだと思っていた首の痛みは


実は 頚椎ヘルニアの痛みの出始めだった・・・



ヤバイぞ こんな山中で激痛とシビレに襲われたら 


動けなくなって 本当に帰れないぞ・・・



と その間にも痛みは強くなってきて 両手の指先がしびれている・・・


マジでヤバイぜ! こんな山中でコイツが来るなんてワイルドすぎるぜ〜! 




・・・危険な香りがプンプンしてきたところで 次回 vol.3へと つづく・・・


応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)
posted by スーパーhiroちゃん at 05:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.1) 


名古屋〜高山 片道150km 往復300kmへの道(vol.1) 



富士山河口湖ポタが 土曜日は雨のため 中止が決まった・・・


関東のチームメイトに会えないのに富士山へ行く理由がなくなったため行先を変更する



「名古屋から富山、太平洋から日本海まで本州横断」にしようか・・・

でも今回使える日程の 6/15(金)、6/16(土)は間違いなく土曜日は雨だ・・・


わざわざそんな時にやらなくても、どうせなら もっと天気の良い


気持ちいい日にやりたい・・・



というか 本州横断は 先人たちのブログでめちゃくちゃハードなのはわかってるので


雨降りのロングで俺がこれをやるのは まず無理だろう・・・

(雨のライドはほとんど経験なし)




今回の目的はロング、300kmが目標だから 自走ビワイチにしようか?・・・


または木曽福島へ向かって御岳の向こう側をぐるりと回ってくるのはどうだろう・・・


いろいろとルートラボに入れてみて 距離&標高を確認して 


最悪トラブった場合のシュミレーション(脳内妄想でね^^)をしてみるも


帰りが夜で雨だと ほとんどがヤバそうなところばかり・・・





やはり 不慣れな「夜のライド」と「雨のライド」を 


いきなり全く知らない遠方の山で 単独チャレンジするのは無謀と判断・・・


安全策を取って JRが並んで走っている「高山」に決めた・・・


・・・実際はこれでも 帰路が夜の雨になれば過酷だろうが 


41号というだけで「ウチまで1本道」という 確信もない安心感に釣られた(笑)



 

富山の手前にある「高山」にすれば 次回また「富山行き」を目指す際の

下見にもなるだろうし・・・

そんな訳で 行き先を岐阜の山奥「飛騨高山」 片道150km 往復300kmに決めた♪




さあ 参りましょう♪





6/15金曜日 朝の4時には出たかったので AM3時半に目覚ましをセット


・・・毎度の寝坊で 家を出たのは6時半(笑)・・・



・・・って またかいっ!


いやあ・・・朝は起きれないのですよ〜・・・(A ̄▽ ̄; アセアセ





出だしからこれでは 先が思いやられる・・・ 





寝ぼけマナコの 今日のhiroちゃん

120615001.jpg



ああ・・・写真までも寝ぼけてピンボケなのか・・・(^-^;)




さあ ちょっと気張ってハイペースで行こう♪


チャリにまたがって走りだすと・・・うっ!・・・股間が痛い・・・這煤i ̄Д ̄;)




先々週、9ヶ月ぶりに定光寺へ行った時 ケツが痛くて仕方なかったので


前にハメてたサドルに交換したが 細かなセッティングをしておらず 


股間が・・・タマではなくサオの付け根が 圧迫されて痛いのだ・・・忘れてた・・・




サドルのセッティングすら怠るとは・・・


ロングに浮かれてるばかりで 基本的なことを何もしていなかったことが露呈される(汗)




さすがにこれでロングは無理だよな・・・チャリを止めて調整をはじめる・・・


サドルの角度を もう少し前下りにして・・・跨っては降りて調整し 


ようやく 痛くないポジションにたどりついた♪
 


えっと〜♪・・・うん♪ イイ感じ〜♪ OK〜♪ これで行こ〜っと♪ 

                    (by ローラhiroちゃん)




これで20分ほど出遅れ
(・・・決してローラのモノマネを 一人で延々としていたわけではない・・・)


41号線を北上する




さすがに平日のこの時間 通勤ラッシュで交通量も多くて走りにくい


やっぱ 朝4時には出たかったな・・・(・・・だったら早く起きろよ!)




30分ほど走り続けて、小牧市、犬山市を過ぎたあたりで ようやく車の量が減ってきた♪

120615002.jpg

あ・・・これでも減ったんですよ  もっともっと多かったんだからね!



いよいよ山の中へと入っていくのかな♪

120615003.jpg



・・・と思ったら すぐにまた街に出た、 まだ可児市だった




木曽川を超える

120615004.jpg

120615005.jpg




おおお 気持ちいいな♪・・・




おっと ここでhiroちゃん、とんでもないことに気づいちまったぜぇ〜・・・


・・・今日、 輪行袋 忘れてきたぜぇ〜


・・・最後にチャリにつけるつもりが 付けずに出てきちまったぜぇ〜


でも戻らないぜ・・・だって 輪行袋使わないぜぇ・・・


300km 自走で帰るぜ・・・


・・・ワイルドだろう〜♪ 


(by ワイルドhiroちゃん)




と 完全に 忘れ物状態にもかかわらず 

お構いなしに 一人小芝居をしつつ走り続ける・・・(笑)




山を切り開いた感じの道を抜けて 美濃加茂市へ

120615006.jpg

120615007.jpg

中央奥の霧で霞んでいる山奥へと入っていく・・・




41号線、美濃加茂バイパスから 旧道41号線に合流する直前の下り坂で
 

突然 フロントタイヤから白い煙が出た!



パシューッン!!


ガタガタタタタタタタッ!(・・・ケンシロウではない・・・)




うおっ! 危ねぇ!


一気に空気が抜けるパンクだ! 異物を踏んだか・・・




道路脇に止めて見てみると(ピンボケ ソーリー) 

120615008.jpg



タイヤの側面から鋭利なものが刺さった後だ、チューブまで見事に刺さっている

120615009.jpg




・・・タイヤの側面はヤバイな・・・


これだけ大きいと 空気を入れたらチューブが出てくるんじゃないのか?・・・


・・・「コンニチワ〜ッ!、元気ですか〜っ!」て・・・(by アントニオhiroちゃん)




気休めだが イージーパッチを張っておこう・・・

120615011.jpg

120615010.jpg




そしてチューブは予備の新品に サクッと交換して 空気を入れる



・・・が・・・


「コンニチワ〜ッ!、元気ですか〜っ!」

120615012.jpg


ピンボケで見えませんが アントニオが「大豆の大きさ」ぐらいで飛び出てきています(汗)



ヤバイヤバイ! 慌てて空気を抜いて「大豆の大きさ」から 


ちょっとだけ出っ張ってる程度までに抑えた・・・

・・・ああ・・・空気圧 5barぐらいです(笑)




とりあえずコンビニまで行って ガムテープを買おう

(以前どなたかのブログで ガムテで補修してるのを見た覚えがあるので・・・)



走りだすと・・・


・・・何?この抵抗の多さは・・・めっちゃ転がり抵抗あるやん・・・


ママチャリ以上か?・・・




文句タレタレでコンビニへ入り ガムテープを購入 


そしてまたタイヤを外して ガムテを貼る

120615013.jpg

4枚重ね張り これでどうだ!





おおお 良い感じ♪ さっきよりもチューブが出てこず 

ガムテ君もかなり頑張っている♪




よし これで行こう!・・・ってか これってあくまでも応急処置だろ?・・・

これで300kmなんて行けるのか?・・・ガムテープだよ・・・( ̄ェ ̄;)・・・



・・・まだスタートから40kmだゾ・・・高山まで まだ110kmもあるのに・・・ 


これじゃ 片道の150kmさえヤバクない?




さてさて スタートから問題ばかりの今回のライド、


こんな調子でどこまで走れるのでしょうか・・・


目標の300km?  はたまた 片道の150km? 


いや 高山どころか手前の下呂温泉で一泊?(それもイイな♪)
 

それとも・・・途中でリタイヤなのか?、輪行帰宅?


・・・あ・・・輪行袋なんて置いてきたよ! ワイルドなんかじゃねぇよ!

マジでどーなっちゃうんだ???



この先はもっと山奥の「飛水峡:写真」〜「中山七里:写真」と呼ばれる渓流地帯へと入っていきます

( ↑ ウィキペディアに写真がありましたのでそこヘリンク)



さあ いったい どうなってしまうのでしょうか・・・・・・vol.2へ つづく


応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)
posted by スーパーhiroちゃん at 16:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ひるがの高原「分水嶺」RIDE 2(登頂編)

気付けば前回の記事から もう一週間経ってたの?・・・


・・・( ̄ー ̄∂)アレッ?…ハヤクナイカイ? 





そんなわけで 今日も休日出勤のhiroちゃんです・・・( ̄ー ̄)フッフッフ・・・


・・・って そこ笑うトコじゃないしっ!






徐々に“脳みそバーン”になりつつあるな・・・( ̄▽ ̄;)ハハハ


さてさて お待たせしました! 先週の続きです!(まだ読んでない方は 1から読んでね







ここまで約50km とどまるところを知らない彼らの高速巡航についていき


・・・いや 後半はほぼ千切られていましたが・・・(; ̄ー ̄A アセアセ





元気な二人と対照的に 俺はもうヘロヘロ・・・ この先は絶対ついていけない・・・




そんな状態で彼らに気をつかわせるのも嫌なので ここからは一人で行くことに


・・・そのほうが俺自身も気が楽になるしね^^;




俺:「もうキツイからマイペースで行くんで 先に行っちゃってね


   俺があまりにも遅かったら 待ってないで下山してきてください 


   合流したとトコから折り返すから気にせず自分たちのペースで行ってね」




kouちゃん&Hさん:「分かりました じゃあ各自マイペースで♪」






言うが早いか あっという間にちっちゃくなって見えなくなる二人・・・速っ!




もしもし・・・ 


ここ 上りなんですけど・・・





なんであんなに速く上っていけるんだ?・・・ウラヤマシイ・・・^^;





さあ 俺も頑張ろう!



口では 途中で折り返すなんて言ったが 


本当は分水嶺に行きたくてたまらなかった♪





過去に ADONさんや 他にもいろんな方のブログで見たことがあり 


川が「日本海側」と「太平洋側」へ分かれて流れて行く分岐点・・・


そんなところまで自転車で行ってるなんて この人たちはどんだけ凄いんだ! 


と感動さえ覚えた・・・ だから今回 自分もその分水嶺に向かっているのだと知ったら


もう是が非でも行きたくなった♪





あの山の奥だと言ってたが・・・ マジかよっ! 手前じゃないの? 奥?(汗)

101023023.jpg




距離はここから20kmぐらい その間 ずっと上りっぱなしとのこと・・・


あの二人は本当に速いから 下山されちゃう前に俺も上らないとな・・・






ヘロヘロながらも精いっぱい頑張る





ここまでは千切られまいと必死で頑張ってて 景色を見る余裕も無かったが


気付くと 山の素敵な景色が迎えてくれていた♪

101023024.jpg

101023025.jpg

101023026.jpg







疲れで精神的にも負けそうなときは いつも大自然が力を分けてくれる♪



心地よい太陽の日差しも  山の空気も  木々も 



小川のせせらぎも  鳥の声も 



大自然にあるものすべて 何もかもが「がんばれ」と言ってる・・・



・・・そう感じるんだ♪

101023027.jpg






元気を貰って 黙々と走り続けていると・・・

101023029.jpg
 



・・・レ・・・レンタルスキー?・・・ 



・・・って スキー場なのか? 



俺はスキー場へ向かって上っているのか?這煤i ̄▽ ̄;)ゲッ







そういえば周りの景色も 何気に標高が高い所のように思えるが・・・

101023030.jpg



周りは 小さな山のてっぺんしか見えない・・・ 結構上げてきたんだな・・・



・・・って 俺は何処を走っているのよ?・・・
 




ちょっとキツクなってきたな・・・でも頑張らないと本当に辿り着かないぞ・・・




・・・ん?・・・


101023031.jpg




えっ! 砺波?・・・






以前 石川県金沢市に住んでいたことのある俺は この道が 


石川の隣の 富山県砺波市まで続いていると知り なんか嬉しくなった♪






スッゲ〜♪ この道を延々と走っていけば 砺波に行くのか♪




名古屋から富山県へ 自転車で走破してみたいという思いに駆られた♪






プチハッピーな思いをかき消すように まだまだ上りが続く・・・

101023032.jpg




そしてトンネル?

101023034.jpg

101023035.jpg

101023036.jpg




「こんなの上りじゃない!平地だ!」 と自分に言い聞かせて頑張ってきたが
 


「ここは山だよ〜 上りだよ!」と



ハッキリと断言するような景色が続く・・・







ぬわぁあああ〜ッ! アレもかよっ!

101023037.jpg




・・・オイオイ ここは二之瀬か? 



いや・・・でも二之瀬のアノ絶望感を抱かせるはるか先のガードレールに比べりゃ 平気平気




それに あれは川の向こうの道で 


この道と平行して走っているに違いない! 


きっとそうだ♪





そんな儚い希望を抱くも・・・

 


数秒後に現れたつづら折れは その道へと上っていた


101023038.jpg




・・・( ̄ω ̄;)・・・ 






更に追い打ちをかけるように・・・


101023040.jpg




・・・ちょ・・・登板車線だと〜っ!? 這煤i ̄Д ̄;) 

101023039.jpg



※説明しよう 
登板車線とは 上り勾配の道路において速度が著しく低下する車両(例えば重量の大きな車両や特殊車両など)を他の車両から分離して通行させることを目的とする車線をいう。




そう・・・それは 重い車では上るのがキツイような上り坂ということ・・・


・・・って マジかよ〜っ!  (>Д<) オ〜ノォ〜ッ!




バキッ! と 心が折れる音が聞こえた(汗)




本当に分水嶺に辿り着く前に下山してきちゃうかな・・・ もう無理かもな・・・


でも行きたい♪ もうちょっと頑張ろう♪



101023041.jpg

101023042.jpg

101023043.jpg


また大自然と心の会話を楽しんで上ってたら


いつのまにか 登板車線は終わっていた♪

101023044.jpg




おっしゃ〜!♪ 頑張るぞ♪


テンションが上がり ちょっとペースを上げて走る♪


・・・お・・・

101023045.jpg

101023046.jpg


ダイナランドスキー場!?



懐かしい♪ もう15年ほど前に会社の仲間とよく行ってたスキー場だよ♪

101023047.jpg


おおお! この看板♪ ・・・雪が無いとこんな景色なのね^^;




・・・ってか 俺 そんなとこまで来てたのか♪ 


懐かしい場所の登場に嬉しくなる♪



そして


101023049.jpg


101023050.jpg



高鷲スノーパーク  もう スキー場づくし(笑)




スキー場まで自転車で上ってきてるんだから そりゃぁしんどいはずだ^^;




その後 滝が見えた♪

101023051.jpg



さすがに限界を感じてたので ちょっと休憩♪

101023052.jpg


やっぱ山なんだなあ・・・^^



でも あまり長く止まってたら2人が下山してきちゃう 頑張らねば!


再スタート直後 対向車線から駆け下りてくるローディーが・・・


Kouちゃんだ!  


ぐはっ!タイムアウトかぁ〜っ!


くっそ〜! 分水嶺 もうあと少しだったのにな 無念!!


と思っていたら・・・



kouちゃん:「イイですよ! そのまま上って!」



おおおおおお♪ さすが本物のローディー♪ 俺の気持ちなんてお見通しなんだね♪


ありがとう♪ 


後ろについてくれたkouちゃんへの 感謝の思いをペダルに託し 


最後の力を振り絞って上る



「hiroさん あとカーブ2つで登頂!♪」  後ろからkouちゃんの檄が飛ぶ♪



そして ゴール♪



よかった〜♪ 辿り着けたよ♪


・・・ってか kouちゃんとHさんはかなりの時間待っていてくれたに違いない


ホント 待たせてごめん! & ありがとう♪




念願の分水嶺を直にこの目で見る♪ 感無量〜!♪   


kouちゃん 写真撮って!♪

101023059.jpg





こんなちっちゃな小川が この石を起点として

101023075.jpg



左は太平洋へ 

101023054.jpg



右は 日本海へ

101023055.jpg



ここから分岐して流れて行くんだ・・・ 






もし観光バスとかで ふらっと立ち寄って 


「ここが分水嶺です」 と この小さな石を見せられていたら


「・・・へぇ〜・・・」 で終わってたかもしれないが


他人のブログで自転車で上ったのを見て感動し そして自分も行きたいと思ってた場所へ


今まさに 自転車で上って来た自分・・・  この達成感は最高だね♪ 






念願が叶って大満足 kouちゃん 素敵なところへ連れてきてくれてありがとう♪



そして 次回 下山編へと つづく・・・


応援よろしくです
にほんブログ村 自転車ブログへ


こっちも応援よろしくです
banner2.jpg


ついでだからココも押しちゃえ〜♪

blogram投票ボタン



あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます(^∇^)
posted by スーパーhiroちゃん at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

ひるがの高原「分水嶺」RIDE 1(往路編)

ひるがの高原「分水嶺」RIDE・・・
 


・・・といっても 仕事が忙しくて乗れない俺が ここ最近に行けるわけがありません・・・( ̄▽ ̄;)



・・・そう・・・ このツーリングは もう かれこれ二ヶ月も前の話になります・・・(; ̄▽ ̄A アセアセ



遠い記憶をたどって 書いてみますね・・・ 



それは・・・




むか〜し〜・・・昔のぉ〜・・・ことじゃったぁ〜・・・(まんが日本昔話:常田富士男さん風に)



あるところに スーパーhiroちゃんという 



それはそれはマジメで 正直者の〜 男が〜 おったそうじゃ〜・・・



村の衆は皆〜 スズカエンデューロ2010に参加して楽しんでいる頃〜



スーパーhiroちゃんは 山へ芝刈りに〜・・・



いえ・・・私はその時〜 ひるがの高原へ向かっていました〜(戦場カメラマン渡部♪)



そう〜 戦場で言うところの〜 バグダットの最前線にいました〜



その中で〜 このように〜 DHバーハンドルを握っていると〜 



DHバーが反射して〜  武器と〜 間違えられるので〜



いつ 銃撃戦に巻き込まれても〜 おかしくない〜 



そのような〜 状況の中で〜 私は〜・・・





・・・え〜・・・ 突然ですが〜 このキャラで通して行くのは〜 ちょっと辛いので〜


やめます! ( ̄^ ̄)キッパリ



やっぱ 普通に行きますね♪ v( ̄∀ ̄)b






そう あれは忘れもしない 10/23・・・・・・・・・・・・・・・だったかな?・・・多分・・・



・・・って 忘れとるんかいっ!



いや ちょっと前過ぎて 記憶をたどりながら・・・(; ̄▽ ̄A アセアセ





自転車仲間はみんなスズカエンデューロに行ってるこの日 



Kouちゃんと Hさんと 俺の3人で ひるがの高原「分水嶺」RIDEに行ってきました♪



kouちゃん & Hさん・・・ そう・・・ 後に俺にフルカーボンバイクのフレームと 



105コンポセットを譲ってくれることになる とても幸せな出来事が起こるプロローグでした♪





春ごろからずっと 何度も Kouちゃんに誘ってもらってたのに 



なかなか俺の都合がつかずタイミングを外してばかりで 一緒に走ることが出来なかった・・・



夏にKouちゃんから ちょっと落ち込んだ感のメールをもらった


悩んでいる様子だったで気になって聞いてみたが


「次回一緒に走った時に話します」とのことで事情は聞き出せず・・・


そのまま ずっと会えないまま もう10月になっていた・・・





今年は公私ともに忙しくて 毎年参戦していたスズカエンデューロも不参加・・・


心に穴が開いたような感じでいたところ・・・


「10/23に“ひるがの高原”へ行きませんか?」 と Kouちゃんからのお誘い♪ 


喜んで参加表明♪




Kouちゃん モンドさん 俺 そしてkouちゃんがもう一人自転車仲間を連れてくるとのこと





モンドさんによると 


以前モンドさんも一緒に走ったことのある Hさんだろうと・・・


なんでも 本物のヒルクライマーで 峠に入ったらモンドさんも付いていけないぐらい


走れるクライマーだったとのこと・・・ 


そんなメンバーと一緒に行って 俺・・・大丈夫なのか?


ちょっと不安がよぎる・・・





そんな中で 前日にモンドさんが風邪で熱が出てダウン・・・ 不参加となる・・・


正直俺は kouちゃんとHさん・・・そこに俺?・・・  


それって めちゃくちゃキツクないか?


俺もDNSにしようかな・・・なんて思ったが 以前kouちゃんが落ち込んでた時に話をしておらず


悩んでいるなら話を聞いてあげるだけでも気が晴れるかもしれないと 


そっちをメインに考えて参加することに決めた






当日 kouちゃんにウチまで迎えに来てもらい 行きの車中でその話を聞いてみると


なんと あのときkouちゃんは事故に遭い 肩を骨折して自転車に乗れなくなっていたらしい・・・




車道を走行するkouちゃんを追い抜いた車が急に左折してきて



ブレーキも間に合わず やむなく左の歩道側へ転倒・・・ 



その時に 肩の骨を折ったということだ・・・



自転車のほうは ハンドルのバーテープの破れと サドルが曲がってしまっただけだが



運が悪かったのは その事故が「シマノ鈴鹿ロードレース」の前日のことで 



体もひどいが精神的にもものすごく参ってしまったらしい・・・



落ち込んだメールを貰ったのは その時のメールだった・・・



タイムリーに悩みを聞いてあげられなかったことが悔やまれる・・・





でも もう今は肩も直って問題なし kouちゃんも落ち込んだ様子もなく


いつものkouちゃんに戻っていた・・・ よかった♪




車中でいろいろ話していたら 自転車は奇跡的にも上記で書いた以外は無傷


保険金がおりても このまま乗るつもりでいるとのこと・・・


骨折は辛かっただろうが それがせめてもの救いだったね・・・ 




楽しく話しながらなので すぐに集合場所の 「道の駅美濃にわか茶屋」に着いた


Hさんと合流  挨拶をする♪

101023001.jpg

(奥:Hさん  手前:kouちゃん)




おおお 見るからにクライマーの体だ! ・・・ちょっと焦る俺



でも クライマーなら峠は強くても 平地の高速巡航などは苦手だろう・・・



俺はDHバーハンドルで高速巡航は好きだし なんとかなるかも♪ 



・・・と 無理やりな理由付けをして自分に言い聞かせる(笑)





さっき言ってたkouちゃんの自転車の傷

101023003.jpg


 
ほんとだ バーテープこそ破れているが フレームに傷も歪みもなく



サドルも交換してあったから 転倒したなんて全然分からない・・・奇跡的だね・・・



皆 出撃準備も整ったので スタートしましょう♪



最初はウォームアップでゆっくりと

101023004.jpg



・・・って ちょいちょいちょいっ! 



充分早いんですけどっ!






・・・な・・・     


・・・吊り橋?

101023005.jpg


実は高所恐怖症の俺・・・


あ・・・小学校の時に自転車も通れる歩道橋で上から激走 ガン踏みで駆け下りたら


真ん中の平らな部分がちょうどジャンプ台のようになって 思いっきり飛んでしまい


空中でバランスを崩してそのまま落ちました・・・


そう 歩道橋の下り ちょうど中間地点からジャンプです(笑)


もちろん大怪我をして それ以来トラウマになってしまいました^^;




長良川沿いをひた走る

101023006.jpg

101023007.jpg


やっぱり 朝は気持ちがいいね♪



・・・ん・・・?・・・


あれはなんだ?・・・


温泉街か?・・・

101023010.jpg



と思ったら 温泉ではなく 霧でした

101023011.jpg


雲が生まれて行くところだね


・・・ってか 視界 悪ぅ〜っ! 何も見えません・・・




霧地帯を抜けると 朝陽が横から射している♪

101023013.jpg



その光が山の緑を照らしだして 色着いていく♪

101023014.jpg


いいロケーションだなぁ〜・・・なんて思っている余裕もないぐらいにペースを上げて行くkouちゃん


・・・ちょっと・・・早すぎるぞ・・・ 


ヤバイ・・・ 今日のkouちゃんは本気モードかっ・・・


もう のっけから高速巡航に入りガンガン行く


俺も写真を撮る余裕もなくなり とにかくついていく・・・


すでに千切られそうな俺・・・苦しい・・・


何気にHさんが全然ヘタレる様子もなく kouちゃんにしっかりついて行ってる・・・ 


Hさん凄いっ! ただのヒルクライマーではなく 平地の高速巡航維持もへっちゃらなのね・・・


・・・って それヤバイやんっ!  この人たち本物だよ!


俺がついていける訳無いじゃんっ!




心で叫ぶも 道も知らない俺は頑張って千切られないようについていくしかない・・・


かなりもがいて やっと休憩ポイントで止まってくれた

101023015.jpg



kouちゃん:「ちょっと早すぎましたかね?」


俺:「しんど〜っ! いやホンマ 早すぎるもなにも めっちゃ早いって! もう少しペースをおとして〜! 」 



息が切れて苦しくて 足もパンパン・・・ このときすでに限界を感じていた俺・・・


でも 頑張っていくしかない!




長めの休憩をもらい スタートです^^;

101023016.jpg



少しペースを落としてくれたので休みながら走れる♪




・・・と思ったのはほんの数分で kouちゃんのアドレナリンが分泌する音が聞こえて



やっぱり高速巡航に突入(笑)・・・ 
               ↑ 
          いや・・・(汗)だな^^;





当然写真は一枚も撮れず ずっと食らいつく・・・



Hさん 凄すぎっ! kouちゃんのペースにしっかりついて行ってて 全然ヘタレないよ!




ただただ がむしゃらに走って二度めの休憩ポイント



アドレナリンの出ている元気なkouちゃん(笑) & 余裕のHさん

101023017.jpg




ホントに二人とも 全然平気なんですね・・・




・・・って あんたら バケモノかっ!(笑)





さあ 再度スタート こうなりゃ もう 帰りのことなんて考えないで


ヤケで頑張ってやる〜!(笑)





おおっ! 激坂発見!

101023019.jpg


・・・ま・・・まさか ここを上るのかぁ〜っ!?






当然スルー♪・・・あたりまえです(笑)



こんな激坂を登れるのは 花ちゃん坂登頂をもくろんでいるめばる君ぐらいです(笑)



俺は無理〜^^;





川沿いを外れて こんなところを走り

101023020.jpg




やっと峠の入口に到着

101023021.jpg




着くなり Hさんをしかりつけるkouちゃん

101023022.jpg


kouちゃん:「バカヤローっ!ラーメンはダシだって言ってるだろうが! 豚骨はどうしたっ!」


Hさん:「・・・す・・・スンマセン大将!・・・豚の奴が すばしっこくて・・・」


( 注意:上記は全てフィクションであり 実在する人物 団体 セリフは一切関係ありません(笑) )

... ( *^艸^)プププ





kouちゃんは優しいので こんなことは言いません^^ 


Hさんも凄い方で こんな間抜けな見習い君ではありません^^


hiroちゃん! おフザケが過ぎます!・・・( ̄▽ ̄;)ハハハ






ここまでユルユルと なだらかな上りを走ってきましたが 


さあ いよいよここからが“ひるがの高原の醍醐味” 上りに突入です^^;


グンと勾配がキツくなり ゴールの「分水嶺」を目指します


参考 今回のルート





「分水嶺」・・・ ひるがの分水嶺公園から流れ出る水は、


一方は庄川を経て日本海へ、


もう一方は長良川を経て太平洋に注ぎ込む。


山奥からやがて海と 水の旅立ち・・・その分岐点となる場所・・・


凄い! 行ってみたい♪ 絶対行くぞ♪ 




・・・でも すでにバテバテの俺が これから峠を登って 無事に分水嶺まで辿り着けるのだろうか・・・


つづく・・・(→ ひるがの分水嶺2
posted by スーパーhiroちゃん at 00:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 自転車:ひるがの高原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


クロスバイク エスケープR3に乗る は
ブログランキングに参加しています
応援クリック ポチっとみっつ お願いします
(^▽^)

にほんブログ村 自転車ブログへ

blogram投票ボタン

あなたの応援クリックが反映されて上位へ上がれます ありがとうございます